韓国若者に「旭日旗」ファッションが人気!? 騒ぐのはメディアと「ネトウヨ」ばかり…と嘆く声

印刷

   国を挙げ「旭日旗追放」に猛進する韓国だが、意外にも、一般の国民にはこの動きを冷めた目で見ている人が少なくないらしい。特に若い世代からは、「旭日旗の何が悪いの? かっこいいじゃん!」なんて声もあるというから驚きだ。

「旭日旗Tシャツ着る我が国の青少年たち 『なんとなくかっこいいから…』」

   韓国三大紙の1つ「東亜日報」に2013年8月7日、こんな記事が掲載された。その行間からは、韓国人記者の渋面が透けて見えるようだ。

「日本軍国主義の象徴? 知らなかった」

旭日旗ファッションの広がりに警鐘を鳴らす東亜日報記事。「楽天」などの国内オンラインストアも名指しされている
旭日旗ファッションの広がりに警鐘を鳴らす東亜日報記事。「楽天」などの国内オンラインストアも名指しされている

   韓国では現在、旭日旗をナチス・ドイツのハーケンクロイツと同様の「戦犯旗」と称して、大々的な糾弾キャンペーンが繰り広げられている。韓国外務省などが日本の旭日旗使用を非難するコメントを出したのを始め、新聞各紙もこぞってこの問題を書きたて、また内外の芸能人や企業が少しでも旭日旗風のデザインを使おうものなら、たちまちネットユーザーからの「総攻撃」を受ける――こうした異様な熱狂ぶりは、すでにたびたび伝えられてきたとおりだ。

   ところが東亜日報は、こうした報道とはまるで正反対の状況を伝える。

「このシャツは去年買ったんだ。赤色が広がってる感じがかっこいいよね。他の友達も何人も買っていたよ。日本軍国主義の象徴? 全然知らなかった」

   「旭日旗Tシャツ」を着て歩いていたという18歳の少年は、東亜日報記者の質問に「何が悪いの?」と言わんばかりの口調だ。

   彼に限らず、韓国の若者たちには旭日旗をデザインしたシャツや帽子などが、根強い人気を誇っているという。K-POPの有名歌手たちも、プロモーションビデオやステージなどでたびたび「旭日旗ファッション」を披露している。こうした歌手たちの多くは、ネットユーザーによる「炎上」で謝罪を余儀なくされているが、一般の若者たちはそうした騒動とは関係なく、旭日旗のデザインを素直に「かっこいい」と受け止めているらしい。

「若者たちは、旭日旗が描かれたTシャツを堂々と着て歩いている。……軍国主義の象徴である旭日旗の意味を、まともに理解できていないのだ」

   東亜日報の記者は、苦々しげにこう書き記す。コメントを求められた有識者も、「学校での旭日旗に関する歴史教育を強化しなければならない」としかめ面を作る。

「旭日旗に反発する連中の言動は、日本の極右政党そっくりだ」

   確かに韓国内では上記のように、官民をあげての「旭日旗追放運動」が展開されている。その中心を担うのが、「旭日旗」を発見し次第攻撃を仕掛けるネットユーザーたちと、それを煽るメディアだ。しかしこの記事からは、メディアの「期待」に反して「反・旭日旗」が一般層に浸透しきっていないことがうかがえる。

   また反・旭日旗に燃えるネットユーザーたちも、必ずしも韓国全体の「総意」ではなく、いわば日本で言う「ネトウヨ」的な存在として、同じネットユーザーから批判も受けている。ある韓国掲示板では、

「旭日旗を全体主義暴力の象徴と称する連中の言動は、日本の極右政党そっくりだ。あれはもう病気。文句を言うのもほどほどにしなければいけない」
「ああしたデザインは数え切れないくらいたくさんあるのに、それにいちいち突っかかるのはあまりに酷い」

と嘆く声が多数書き込まれている。別のあるブロガーも、こう危惧する。

「こう書くと親日派だと後ろ指を差されるが、この旭日旗問題は韓国だけの強迫観念、あるいはノイローゼだと思う。『旭日旗=悪』と自らを洗脳してきた結果だ。こうした主張は、むしろ国際的に韓国を孤立させるのではないかと心配になる」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中