韓国紙「日本の韓国食品展が右翼威嚇で中止危機」と報道 「事実はだいぶ違う」「迷惑している」と関係者は否定

印刷

   イオンとイトーヨーカドーが右翼からの抗議を憂慮して韓国食品展の中止を検討していると、韓国紙「ソウル新聞」が大きく報じた。これに対し、韓国政府関係者は報道内容を否定しており、流通2社も困惑している様子だ。

   「日本の韓国食品展が中止危機」と題したソウル新聞の韓国語記事は、韓国NAVERのサイト上にも2013年8月8日に掲載された。そこでは、新聞1面トップになったと紹介されている。

イオンとイトーヨーカドーが中止検討と報じる

   記事では、イオンとイトーヨーカドーが10月に全国で韓国食品展を開く予定だったが、韓国で「独島の日」とされる10月25日とぶつかるため、反韓・嫌韓の右翼が激しく抗議することを憂慮しているとした。独島とは、韓国名で日本の竹島を指す。

   そして、2社は最近、日本の終戦記念日である8月15日に日韓両国の雰囲気を見て食品展を開くかどうかを決めると、韓国農水産食品流通公社の日本支社などに伝えたことが7日に確認されたと報じた。

   イオンについては、韓国大統領が竹島を訪れて日韓関係が冷え込むと、韓国という国名を抜いて12年10月に「旨辛フェア」を開いたとした。そのときは、大阪で右翼の街宣車が出てフェアに抗議し、本社にも抗議の電話や手紙が相次いで困惑したとしている。

   イトーヨーカドーについても、サッカー東アジア杯の日韓戦における横断幕問題などで対韓国感情が悪化していることから、韓国食品展の中止を検討していることが分かったという。

   なお、大手韓国紙「朝鮮日報」でも、イオンについては、在日韓国大使館の関係者の話として、同様な内容を報じている。

   流通2社が日韓関係の様子を見て韓国食品展を開くかどうか決める、というのは本当なのか。

2社は、報道内容に困惑している様子

   韓国農水産食品流通公社の東京支社では、2社から伝えらえたとの報道について、「そのような連絡は特にないです」と担当者が否定した。

「事実は、だいぶ違いますよ。イオンは、今のところ開催の予定も決まっていないと聞いています。イトーヨーカドーも、今年は予定そのものがないようです。ここ何年かは、K-POPや韓流のブームがあり、韓国食品への関心を見て開催していました。今回も、売り上げが伸びそうならやるという、それぞれの企業の判断ではないでしょうか」

   竹島や横断幕の問題の影響については、「政治的なことは関係がないので、特にないと思います」とした。右翼の抗議についても、「聞いていないので、分かりません」という。

   報道については、「間違いが多くて、迷惑しています。両国の歩みには、プラスになりませんね」と苦言を呈した。

   イオンの広報担当者は、韓国食品展について、「お客さまの声を聞いて判断しますので、いつやるということはないです」と説明した。韓国の国名を抜いて旨辛フェアにしたとの報道には「韓国フェアに代わるものではありませんので、事実と違います」と否定した。右翼の抗議については、「報告は何もなく、一部であったかも確認できません」としている。

   イトーヨーカ堂の広報センターでは、報道内容について、「まったくこちらには入っていない情報ですし、どこから出た情報か分からないことに対しては、弊社としてコメントのしようがありません」と話した。韓国食品展については、「お客さまのニーズや話題性に合わせてやっていますが、今のところ予定はしていません」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中