かき氷にもアベノミクスの風!? 「特選宇治抹茶」「ドンペリがけ」など高級品が大人気

印刷

   「かき氷」といえば、暑い夏に食べたくなるおやつの定番だ。赤や緑、青など色とりどりのシロップをかけてむしゃむしゃ食べ、たまにこめかみがキーンと痛くなる…そんな思い出がある人は多いのではないだろうか。

   そんなかき氷が今、「大人のスイーツ」としてブームになっている。それも、フワフワの天然氷にこだわりのシロップやフルーツをトッピングした、「高級かき氷」が人気なのだ。

1000円超えかき氷にも「高いと感じる客いなさそう」

だるまや餅菓子店の「特選宇治金時」
だるまや餅菓子店の「特選宇治金時」

   埼京線・十条駅近くの「だるまや餅菓子店」(東京・北区)では、「和三盆」(1000円)、「特選宇治金時」(1180円)、「極上イチゴ」(1500円)など、1000円台のかき氷が豊富に揃っている。時間帯によっては行列もできる人気店だ。2013年8月上旬の日曜日に特選宇治金時を食べに訪問した同僚記者によると、「家族連れやカップルが、写真を撮ったりしながら喜んで食べていた。『高い』と感じている客はいない感じだった」とのことだ。

   だるまやは通年で販売しているが、期間限定だと「虎屋菓寮」(東京・赤坂、京都・一条など、9月中旬まで)、「松崎煎餅 お茶席」(東京・銀座、9月末まで)で「1000円超え」のかき氷が味わえる。

   こうしたかき氷の売りは「丁寧に削り出した、繊細な口当たりの氷」「特選の宇治抹茶、丁寧に作った小倉あんを使用」といったもの。素材へのこだわりが高めの価格設定につながっているようだ。

   「高級かき氷」を提供しているのは甘味処だけではない。

   レストラン「マキシム・ド・パリ」では高級シャンパンを氷に注ぐ「ドンペリかき氷」を13年10月末まで提供している。1杯2100円という、かき氷としては驚きの価格だ。

   ザ・キャピトルホテル東急(東京・永田町)のオールデイダイニング/ラウンジ「ORIGAMI」では13年8月末まで、スパイシーなフルーツをトッピングしたかき氷「ホットフルーツカクテル」(1500円)を販売している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中