マーク・ザッカーバーグのフェイスブックページ、ハッキングされる

印刷

   米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)のページにパレスチナ人の男性研究者が侵入し、ウォール(自分の投稿が集まる場所)に投稿をおこなっていた。2013年8月21日までにわかった。

フェイスブックは報奨金の支払いを拒否

   米CNNなどによると、ハッキングをおこなった男性は、すべてのフェイスブックユーザーのウォールに投稿できるサービス上にセキュリティホールを発見した。

   男性は友人のページを使ってこれを試し、フェイスブックのセキュリティーチームにURL付きで通報した。男性のブログによると、当初フェイスブック側は通報に対して「男性がメールに貼ったリンク先が見られない」と返答した。これは、男性が試した友人のページ公開範囲が「友人限定」設定だったため。そこで、画面のキャプチャ付きで再度メールを送ったところあくまで「報告されている内容はバグではない」と返ってきた。再三のやりとりでも「バグではない」という主張が覆らなかったので、「そういうことなら、マーク自身に報告するほかない」と思ったという。

   そのため、男性は「あなたのプライバシーを侵害して申し訳ない」と断りながら、ザッカーバーグCEOのページに直接、バグ報告を書き込んだ。

   フェイスブック側はすぐに修正し、男性の報告をバグではないとした判断を19日に謝罪した。ただ、ザッカーバーグ氏のページをハックしたことが同社のポリシーに反するとして、バグ報告の報奨金制度に基づく支払いは拒否した。フェイスブックのバグ報告ページでは、善意のハッカーが大きな脆弱性を通報した際に最低500ドル(約4万9000円)がもらえることになっている。

ハッカー仲間から「報奨金」100万円近く集まる

   なお、これを受けてハッカーでコンピューターセキュリティー企業の最高技術責任者(CTO)のマーク・マイフレット氏が2013年8月19日(現地時間)、クラウドファンディングサイトを利用し、男性への「報奨金」を募ることをはじめた。マイフレット氏は当初、目標額を1万ドルと設定していたが、21日13時(日本時間)現在、世界中のハッカー仲間からすでに約1万490ドル(約97万5000円)が集まっている。

   ロイター通信によると、マイフレット氏は、「(ハッキングした)男性は、半分壊れたような見た目の5年前のラップトップをつかって、パレスチナで研究をしている。彼が大々的に何かできるような手助けになれば」と話しているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中