大阪市小学校の公募校長が保護者にセクハラとの報道

印刷

   大阪市は2013年度から全国公募で11人を市立小中学校長に採用したが、トラブルが相次いでいる。

   読売新聞は13年8月28日、4月に市立小に赴任した民間出身の男性校長(59)が、女性の保護者に私的なメールを送ったり、同じ女性の体を酒席で触るなどのセクハラ行為をしていたと報道した。この校長はこの女性を含む数人での酒会を数回開いていて、そのたびに体を触ったという。

   13年6月には同じく公募で採用された市立小学校の校長(38)が、就任から3か月足らずで退職することになり物議を醸した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中