3度目の「史上初」を達成 大毅王座奪取で亀田3兄弟

印刷

   ボクシングの亀田3兄弟の次男、大毅(24)が2013年9月3日に高松市で行われたIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチに勝利し3兄弟同時世界王者を実現した。試合は同級3位の大毅と同4位のロドリゴ・ゲレロ(25)=メキシコ=との王座決定戦。大毅は3-0の判定で勝利。大毅は減点2を受けたにもかかわらず3人のジャッジのうち2人が6点以上の大差をつけた。ゲレロは「自分が少し上と思った」と不満を表した。

   約9キロもの減量のため試合前5日間ほぼ絶食したという大毅に対し、3度の計量の末やっとパスしたゲレロ。一夜明けた4日の会見で大毅は「ボクシングのボの字も見たくない」などと述べ、体力を使い切った様子だった。

   3兄弟の長男、興毅(26)は06年8月にWBA世界ライトフライ級のタイトルを獲得したのを最初に10年12月にWBA世界バンタム級チャンピオンとなり日本人初の3階級制覇を達成。大毅は10年2月にWBC世界フライ級王座に就いて史上初の兄弟世界王者となった。1年1月に大毅はタイトルを返上。13年8月に三男、和毅(22)がWBO世界バンタム級の王座を奪い、再度史上初となる3兄弟世界王者に。そして今回のタイトルマッチで大毅が勝利したことで3兄弟同時王者となった。これで兄弟による「史上初」は3度目。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中