矢口真里、Eテレのレギュラー番組降板

印刷

   不倫・離婚騒動以降「体調不良」を理由に表舞台から遠ざかっているタレントの矢口真里さん(30)が、レギュラー番組「福島をずっと見ているTV」(NHK・Eテレ)を降板したことがわかった。

   NHKによると、2013年8月26日に矢口さんの所属事務所から「復帰のめどが立たない」と降板の申し入れがあり、了承したという。後任にはNHKのアナウンサーを予定している。

   なお、13年9月8日放送回にも矢口さんは出演せず、もう1人のレギュラー・クリエイティブディレクターの箭内道彦さんのみの出演となっているが、元々箭内さんだけの企画を放送することが決まっており、収録した時点で矢口さんの降板が決まっていたわけではないとのことだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中