「アベノミクスで儲けた芸能人」日テレが特集 川合俊一「高級車2台分」、松居一代「数億円」…本当か

印刷

   川合俊一、ボビー・オロゴン、松居一代…。日テレ系のバラエティ番組が、「アベノミクスで儲けた芸能人」の特集を始め、ネット上で注目を集めている。中には、マンション4軒分というケースもあったが、そんなに儲けられるものなのか。

   この特集を手がけたのは、お笑い芸人の有吉弘行さん(39)が初めてゴールデン・タイムで冠番組を受け持つ「有吉ゼミ」だ。

儲けたお金をクラブ代や豪邸の費用に

   2013年9月9日夜の放送は、10月7日から番組が始まる前のスペシャル版の形を取った。

   そこではまず、5か月も密着取材した元バレーボール日本代表の川合俊一さん(50)のケースが取り上げられた。川合さんは、タレントのほかデイトレーダーの顔も持っているといい、取材初日は、ある企業の株を600万円分買ったことが紹介された。

   川合さんはトレーニング中も携帯をチェックするなど、1日6時間も株価を見て過ごしているという。この日は、数時間後に企業の株価が急上昇したのを見つけ、早速15万円を稼いでいた。5月23日に株価が大暴落したとき、600万円近くもの大損をしたが、7月21日の参院選前に不動産株を約500万円分買い、選挙後に30万円を儲けるなどしてリベンジしたと明かされた。

   その結果、川合さんは、アベノミクスで高級車2台分を稼いだというのだ。番組では、儲けたお金をクラブの飲み代に使う姿が放送された。

   次に取り上げられたタレントのボビー・オロゴンさん(40)は、iPadで日経平均先物を取り引きしており、番組が取材した日は、食事中も目を離さず、1日で計12万円を稼いでいた。こんなケースばかりでなく、わずか2時間で100万円の大損をしたこともあるとしたが、アベノミクスで儲けたお金を注ぎ込んで、千葉県御宿町に推定5000万円以上の豪邸を建てたそうだ。

「過去に大きな失敗の芸能人はたくさんいる」

   番組で最後に紹介した女優の松居一代さん(56)の場合は、出演した専門家も「本物の個人投資家」と言うほど筋金入りだった。

   1日で億単位のお金をパソコンで運用するといい、ある不動産債券を2012年12月26日の安倍晋三政権発足前に買って、アベノミクスで13年3~5月にその価格が高騰すると、一気に売り抜けて数億円の儲けを出したという。海外の債券にも手を出し、13年に入って、マンション4戸分の利益が出たと紹介された。松居さんは現在、夫の俳優、船越英一郎さん(53)とともに、東京都内の高級住宅地で4億円の豪邸に住んでいるそうだ。

   しかし、その生活は、特異なものだった。お金などを「ちゃん」付けでわが子のように扱い、買い物などでもその使い方を訓練しているという。松居さんは、その結果として、「負けたことがないんです」と説明していた。

   アベノミクスの結果、芸能人でも儲けられるようになったというのは本当なのか。

   国際金融アナリストの小田切尚登さんは、その可能性は確かにあるとみる。

「昨年より株価は上昇しており、円安でドルなどの価値も上がって、海外投資は有利になっています。ですから、アベノミクスで儲かる確率は高くなっているとは言えると思います」

   ただ、神様でもない限り、勝ち続けることは不可能だと指摘する。

「芸能人で普段から収入が高いので、着実に投資して儲かることもあるでしょう。しかし、人はいいことしか言わないものです。あくまでも、運がよくて儲かっただけと考えるべきです」

   そのうえで、小田切さんは、メディアのあり方にも注文を付ける。

「テレビなどを見て、一般の人が浮かれてしまう影響も考えてほしいと思います。芸能人で過去に大きな失敗をしている人はたくさんおり、そういう人のことももっと取り上げるべきではないでしょうか」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中