フジテレビが「ひどすぎる」 低視聴率の原因はどこにあるのか?

印刷

   フジテレビが「ひどすぎる」と、今度はゴルフファンが怒っている。いまや石川遼選手と人気を二分する若手のホープ、松山英樹選手の優勝を目前にしたクライマックスの場面で放送を打ち切った。

   そればかりではない。最近のフジテレビの視聴者を軽視するかのような放送姿勢に、「視聴率の低迷も当然」との声が広がっている。

柔道もゴルフも、生中継で「いい場面」をカット

視聴率はいまや4位に転落…(写真は、フジテレビのホームページ)
視聴率はいまや4位に転落…(写真は、フジテレビのホームページ)

   松山英樹選手が今季3勝目をあげた2013年9月8日の「フジサンケイクラシック」。松山選手と谷原秀人選手、S・J・パク選手(韓国)とのプレーオフ2ホール目の途中、フジテレビは「最後までお届けするのは厳しいかもしれません」と生中継を打ち切った。

   フジテレビは「松山人気」を当て込んで大会前から番組を宣伝。しかも、自社が主催するトーナメントだ。それにもかかわらず、松山選手の優勝は、その後の「みんなのKEIBA」が始まって20分過ぎに、ウイニングパットのシーンだけを放送でお茶を濁した。

   プレーオフという展開になったとはいえ、肝心の場面を生放送しなかったことに、視聴者やゴルフファンからは「せっかくの生中継が台無し」と、不満が漏れた。

   じつは、フジテレビは8月に行われた「世界柔道」(リオデジャネイロ)でも同様の失態を演じていた。大会2日目(日本時間8月28日)の男子66キロ級で、ロンドン五輪銅メダルの海老沼匡選手が勝ち進んだ決勝戦で、前日の60キロ級金メダルの高藤直寿選手の決勝戦に続き、またしても試合の最中に生中継の番組が終了。後番組の「めざましテレビ」内で中継が再開された時には、すでに決着がついていた。

   海老沼選手の起死回生の大内刈りを繰り出すシーンはVTRで放送。歓喜の瞬間は見られなかった。

   フジテレビのチグハグぶりは、なにもスポーツ番組だけではない。深刻なのはドラマやバラエティーの不振だ。かつて、お茶の間のテレビを席巻した「オレたちひょうきん族」などのお笑い・バラエティーや、「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」などのトレンディドラマを連発した勢いはない。

   フジ・メディア・ホールディングス(HD)は、2013年3月期決算の経常利益が前年同期比9.8%減、当期純利益も48.8%もの大幅な減益となった。これはフジテレビが視聴率競争で、日本テレビやテレビ朝日に抜かれて3位に転落し、フジテレビの放送収入が前期比2.1%の減収に終わったことなどが響いている。

   さらに2013年8月の平均視聴率では、日曜劇場「半沢直樹」が好調なTBSに抜かれ、とうとう4位に転落。1982~1992年に11年連続、2004~2010年に7年連続で「視聴率3冠」を獲得した姿は見る影もない。

現経営陣はフジテレビの黄金期を支えた人たち

   芸能評論家の比留間正明氏は、「いまのフジテレビは視聴者を見ていない」と手厳しい。そして、こう分析する。

「フジの現体制は日枝(久フジ・メディアHD)会長、フジテレビの亀山(千広)社長、フジ・メディアHDの太田(英明)社長と、フジテレビの黄金期を支えた人たちです。その人たちがトップにいて、いろいろと指示することで現場の人たちが萎縮。上司の顔色ばかりをうかがって仕事をするようになってしまっています。つまり、誰も視聴者を見ていないんです」

   それはドラマづくりにも言え、タレントや所属事務所を慮ったり、プロデューサーが細部に口をはさんだり、「なにが大事なのか、忘れている」と指摘する。

   フジテレビは放送事業の減収を、「BRAVE HEARTS海猿」や「踊る大捜査線 THE FINAL」などの映画の大ヒットが補っているが、比留間氏は「映画は観る人がお金を払って観るので、タレント重視でもヒットします。しかし、テレビドラマはやはり台本であり、演出であり、それに応えられる俳優陣を重視すべきなんです」と説明する。

   一方、文藝春秋2013年10月号は「フジテレビはなぜダメになったのか」と題してフジテレビのドン、日枝久会長をノンフィクションライターの森功氏が独占インタビューしている。その中で、視聴率低迷の要因を芸能プロダクションとの付き合いを大事にしすぎて斬新なタレント起用ができていないのではないか、と聞いている。

   これに対し、日枝会長は「その指摘はちょっと短絡的すぎる。エンターテイメントの世界は、そんなに甘くない」と答えている。

   記事の中で森氏は、フジサンケイグループの中核はフジテレビだが、6300億円という連結売り上げのうち約2800億円がテレビ事業以外から生み出されており、同グループにはテレビ以外の強みがあることも指摘している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中