開城工業団地、9月16日の再開で南北が合意

印刷

   韓国と北朝鮮は2013年9月11日、稼働が中断したままの開城工業団地を16日から試験ベースで再開することで合意した。南北は10日から2回目の共同委員会の会議を団地内で開き、11日朝になって合意文書を採択した。北朝鮮が13年4月に労働者を撤収して以来、再開は5か月ぶり。9月10日には、再稼働に向けた現地インフラ設備の点検のため、韓国側関係者27人が現地入りしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中