「霊柩車の前に立ちはだかって、出棺妨げて…」 宇多田ヒカルツイッターで明かされたマスコミの横暴

印刷

   2013年8月に母の藤圭子さんを亡くした歌手・宇多田ヒカルさん(30)が、ツイッターでマスコミの取材に対する苦々しい気持ちを明かした。

   そのツイートからうかがえる「横暴」ともいえる取材攻勢に、フォロワーからは驚き、怒りの声が上がっている。

「心の中でどいてください、どいてくださいって叫んでた」

   宇多田さんがマスコミについてツイートしたのは、13年9月18日朝のことだ。

「先日、週刊誌の記者に突撃されて『一週間家に張り着いて尾行してた』と言われ色々変な質問されたけど、なんかもう怖くて気持ち悪かったので一言も答えなかった。今までは何されても『彼らも仕事だし』と流してたけど、今回の一連のことで完全にマスコミ恐怖症になってしまった。」
「最後に『こないだの夜3人の男性と食事に出かけてたけどどういう関係?』と聞かれ『は?』と思ったけど…私を励ましに遠方から会いに来てくれた友達(ショートカットの女子)とその弟と友達と4人で彼女の誕生日ディナーに出かけた時のことだと気付いてちょっとだけ笑えた。かわいい女のコなのに…」
「やっと友達と出かけられるくらい精神的に落ち着いてきたのにその一発目が週刊誌に載ってまた心ない言われようを受けると思うと、本当に気が重い。誘ってくれた友達にも申し訳ない…。」

   さらにこの日夜にも、

「家を張られたり尾行されたりは今に始まったことじゃないししょうがないと思ってるけど、マスコミに対する気持ちが変わったのはママの出棺の時。ある程度覚悟して助手席に座ったけど、まさか報道陣が霊柩車の前に立ちはだかって出棺を妨げてまで私を撮影すると思ってなかった。死者への冒涜だよ…」
「カメラが乱暴にごつごつと窓にぶつかる音、フラッシュ、投げかけられる質問…ママだったらこんな時泣かないと思って必死に涙堪えてたけど、ほんの一分が永遠のように感じられて心の中でずっと『どいてください、どいてください』って叫んでた。」

と、出棺時の取材の様子についてツイートした。

「とんでもない妨害ぶり」「あれは侮辱・冒涜」フォロワーも怒り

   「無神経」「横暴」と思えるマスコミの取材のやり方に、多くの人が憤りを覚えたようだ。宇多田さんの一連のツイートに対し、フォロワーからは

「私も同感です。正直、残酷だと思いました。有名税だなんてとんでもない域の妨害ぶりでしたよね。トラウマになりそうですよ、本当に」
「その映像を、ワイドショーで見ていましたが…第三者の私でさえ、感情が昂り突き抜けて唖然としてました。静かに見送りたいという宇多田さんや御家族関係者の皆様の意向、何より、お母様の気持ちさえも無視するのかと…あれは報道ではなく、侮辱・冒涜だと思います…」
「何処の国でも、マスゴミは悪戯に人の心を掻き回すばかりです…宇多田さん、絶対に屈しないで下さい!!!そして、一人と思って抱え込まないで下さい!!!」

など、同調する意見や励ましの声が続々と寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中