中村うさぎさん、一般病棟に移る 自分の顔見て「カワイイ」と言うほどに快復

印刷

   集中治療室(ICU)で一時心肺停止となった作家の中村うさぎさん(55)が一般病棟の観察室に移ったと、タカナシクリニック院長・高梨真教さんが2013年9月24日にブログで報告した。

   記事によると、中村さんはまだコンタクトレンズが使用できず、電波機器が使えないため外界の情報が入ってこないことに不満を抱いているという。9月23日にはICUに眼鏡を持ってきてもらい、鏡で自分の顔を見て「カワイイ」と言うほどに快復しているようだ。パソコンやiPadが使えるような部屋に移動するか、車椅子で部屋の外に出る許可が出次第、中村さん自身のコメントを更新する予定だ。

   なお、病院側から「業務に支障が出ているので、くれぐれも、ご家族以外の面会は禁止させてください」と指導があったとのことで、高梨さんは「引き続き、病院への面会や取材、電話の取次ぎなどの問い合わせは控えていただけます様、お願いいたします」と訴えた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中