もんじゅ再開なら6年間運転 研究成果で継続判断

印刷

   文部科学省は2013年9月25日、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)の作業部会を開き、今後の研究計画案をまとめた。

   再開した場合は約6年間運転し、研究成果を評価した上で研究継続の可否を判断する。再開から約2年後には中間評価を行い、燃料や機器の性能を検証する。

   もんじゅでは2012年11月、1万点近くにおよぶ機器の点検漏れが発覚した。原子力規制委員会は13年5月、運転再開準備の禁止を命じている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中