元NHK堀潤、ツイッター発言で釈明 「原発推進特集の舞台裏」巡り、「WEDGE」編集長に突っ込まれる

印刷

   元NHKアナウンサーの堀潤さん(36)が、月刊誌の原発推進特集の舞台裏についてツイートしたところ、月刊誌編集長から突っ込まれて釈明に追われている。

   堀潤さんは、ニコニコ生放送で深夜ニュース番組「ネルマエニュース24」を運営している。2013年9月25日は、月刊誌「WEDGE」9月号の原発推進特集の舞台裏などについて解説し、終了直後に「担当者から直接聞いた」とツイートした。

堀さんが直接聞いた「担当者」とは誰なのか

ツイートが物議
ツイートが物議

   ところが、WEDGEの大江紀洋編集長がツイッターですぐにこう反論したのだ。

「あのー、その担当者です。僕、あなたに取材されてませんけど??」

   これに対し、堀さんは、「編集長以外にも出版に関わっていらっしゃる方はいるかと思います」とツイートを返したが、大江編集長はすかさず「他にはいません。まずは、堀さんの仰った『担当者』の意味を教えてください」と反論した。堀さんは、もうあいまいには答えられないと思ったのか、「御社の雑誌販売に関わる方々です」と明らかにした。

   しかし、これでは収まらなかった。「それは関係者であって担当者ではないと思います」「記事を批評する際に、『直接聞いた』と誇れる『当事者』が販売担当者ですか…」「特集の舞台裏を報じる際の、取材先(担当者)は普通、記者なり編集部だと思います」。大江編集長は、次々に疑問を投げかけたのだ。

   堀さんは、ほかのツイッターユーザーからも批判され、さらに釈明に追われた。それによると、番組は記事の中身を批評するものではなく、「出した雑誌の回収や、雑誌販売のための広告についての話題」を取り上げたというのだ。

   今回の番組を視聴すると、堀さんは、まず出版社の親会社がJR東海であることを紹介し、「WEDGEの方に今日、お話を聞きました」と話し始めていた。

「『関係者』の誤りでしたと訂正すべき」

   堀潤さんは番組で、確かにこの「担当者」から聞いた雑誌回収や販売広告のことを解説している。

   WEDGEの3月号は、数値や内容に誤りがあるとして回収されていたが、堀さんは、何らかの圧力がかかっていたと聞いたとした。また、9月号については、JR東海の労働組合から原発推進特集に異論があって、JRの車両内広告の数を減らした、という情報が得られたとしている。

   とはいえ、記事の中身に関連するともみられる解説もしていた。それは、原発推進特集は、JR東海会長の肝いりで組んだというものだ。もっとも、雑誌販売に関わる人たちから間接的に聞いた可能性もあるが、編集権に関わることだけに「担当者」と言えるのかは疑問も出そうだ。

   今回のことについて、ある内科医は、提言型サイト「ブロゴス」にも載ったブログ記事で、こう意見を述べている。

「『担当者』という言葉を使ったのはたしかに『脇が甘い』感じではあり、そこで『すみません、『関係者』の誤りでした』と訂正すればよかったのではないかと思う」

   そのうえで、「あれこれ言い訳しちゃうから、かえってこじれちゃうタイプなんだろうな」と苦言を呈している。

   なお、WEDGEの大江紀洋編集長は、堀さんが番組で解説した内容などについて、「特に取材は結構です」としてコメントしなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中