眞鍋かをり「10年以上年齢詐称していた」衝撃告白

印刷

   タレントの眞鍋かをりさん(33)が、2013年10月1日放送のバラエティー番組「有田とヤラシイ人々」で「年齢詐称していた」と告白した。

   眞鍋さんは横浜国立大学入学と同時にデビューしたが、誕生日が1980年5月31日のため、すぐに19歳になってしまう。当時の事務所の社長が「横国1年を推したい」「18歳が響きがいい」とのことで、誕生日を81年3月31日に詐称した。

   眞鍋さんは「30歳までずっと…」と申し訳なさそうに明かしたが、事務所を移籍した際「本当の誕生日で行きたい」と相談してプロフィールを変えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中