「ロックギターにはもう飽きた」 布袋寅泰の唐突ツイートでファン悲鳴

印刷

   布袋寅泰さんといえば、ロックバンド「BOΦWY(ボウイ)」で一世を風靡した名ギタリストだ。1988年のバンド解散後も、シングル「バンビーナ」や映画「キル・ビル」のテーマ曲「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」など、数々のロックミュージックを世に送り出している。2012年8月には「ロックの発祥の地ロンドンで、一から腕試しをしたい」として英国に移住した。

   そんな布袋さんがツイッターで、唐突に「ロックギターに飽きた」と投稿した。布袋さんのロックに心酔しているファンは多く、この投稿に対し驚きや嘆きの声が上がった。

「もっと自由にギターと向き合いたいということ」

布袋寅泰さん(13年2月撮影)
布袋寅泰さん(13年2月撮影)

   布袋さんは13年10月2日朝(日本時間)、

「やっぱりJAZZだな。ロックギターのフレーズにはもう飽きた。」

と投稿した。

   このツイートが約30時間で1700以上リツイートされる話題に。「うおっ!飽きたとはびっくり発言っす」「そんな事言わないでくださいよー」「布袋さ~ん!朝からそんな爆弾発言はやばいっすよ!!ロックキッズが途方にくれるっす!」といったリプライが寄せられた。

   反響を受けて、布袋さんは2日夜に「あまりに唐突でしたね。もっと自由にギターと向き合いたいということ。」と補足ツイートもしている。

   「ロックをやめるわけではない」ということに安心したのか、ファンからは「布袋さんのJazzyなメロディも聴いてみたい気もします」「布袋さんによるJAZZとロックの融合を聴いてみたいです!」「布袋さんのロック以外も聞いてみたい。そして深くなってロックに回帰して欲しい!」と「ジャズ布袋」への期待の声も上がり始めている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中