グリー業績急降下で「200人削減」 踏みとどまるDeNAとの差はどこに?

印刷

   ソーシャルゲーム大手のグリーが、業績低迷が原因で希望退職者の募集に踏み切った。上場以来初の最終赤字計上に拠点の閉鎖など、好材料が出てこない。

   最大のライバルであるディー・エヌ・エー(DeNA)も、ゲーム事業で爆発的なヒットが生まれず苦戦中なのはグリーと同じだが、直近の決算ではむしろ増収となり、踏ん張っている。両社の違いは、どこにあるのか。

仮想通貨の消費額が海外で大幅増

グリー・田中良和社長に「V字回復」の妙案はあるか(2011年11月撮影)
グリー・田中良和社長に「V字回復」の妙案はあるか(2011年11月撮影)

   グリーにとって2012年前半は「わが世の春」だった。同年1~3月期の決算では、売上高461億8900万円、営業利益245億4900万円、純利益134億4800億円となっている。いずれも前年同期比で3倍増だ。これに対して、2013年8月14日に発表された直近の2013年4~6月期の業績を見ると、売上高370億300万円、営業利益77億9400万円と急降下し、3億1100万円の純損失を計上した。四半期ベースで赤字となったのは、2008年の上場以来初めてだ。

   飛ぶ鳥を落とす勢いだったソーシャルゲーム業界を揺さぶった「コンプガチャ」問題の影響は、大きかっただろう。人気作を出し続けてきたゲームは、スマートフォン対応で出遅れた。その間にガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」が空前の大ヒットとなり、主役を奪われた感がある。環境の変化が激しいのは事実だが、同じ影響は業界トップを争ってきたDeNAにも及んでいるはずだ。

   ただDeNAのこの1年の業績を見てみると、グリーほど傷んでいない。8月8日発表の2013年4~6月期決算は、売上高にあたる売上収益が522億円で前年同期比10%増、営業利益170億円で同8%減だった。純利益95億円も確保している。若干の減益とはなったが、極端な落ち込みとは言えない。売上高に至ってはむしろ増えている。

   カギを握るのが、海外事業だ。ゲーム内で使用する仮想通貨「モバコイン」の消費額は、国内では伸び悩んだが海外では大幅に伸びている。直近の四半期では8000万ドル(約78億7700万円)で、前年同期比で約8倍増の勢いだ。主力のゲーム事業「Mobage」では、国内の営業利益が下がっているのに対して、海外では赤字を急速に解消しており、欧米向けサービス「Mobage West」は6月に単月黒字を達成、中国での「Mobage China」も「収支均衡を目指せるところまできた」。海外事業が、徐々に収益を見込める段階に育ってきたようだ。

進出から2年で中国拠点を閉鎖

   グリーも、欧米事業は決して悪くないようだ。2013年4~6月期の決算資料では、DeNA同様にコイン消費額が伸び、具体的な金額は記載されていないが海外市場全体で前期比3割以上の成長を達成したとなっている。けん引役は北米市場で5月には単月黒字を実現した、という点はDeNAの状況と似ている。

   一方で「海外事業全体は拠点を再編」という記述もある。実は1~3月期の決算発表で、グリーは「中国拠点の閉鎖」を発表していたのだ。「ダイヤモンドオンライン」2013年6月12日付の記事では、撤退理由を「中国市場に詳しい関係者」が「グリーは単純に中国での競争に勝てなかっただけ」と解説した。「グリーの強みであるカードゲームは中国で腐るほどサービスインしており、ユーザーがカードゲームに対して飽きてきている傾向があります。よほどの人気コンテンツでない限り見向きもされません」とバッサリだ。

   中国市場はDeNAにとっても決して楽ではない。5月28日付の「ダイヤモンドオンライン」には、DeNAチャイナ副総裁の任宜氏が、2006年に設立後「これまでは、当初の思惑通りには進んでこなかったということはあるかもしれません」と認めている。しかし「数年前にスマホゲームに特化してからは順調に進んでいます」と自信をのぞかせた。わずか2年で中国から撤退を決めたグリーと、「収支トントン」が見えてきたDeNAとの差が出てきたと言えよう。

   現在、グリーの海外拠点は米サンフランシスコ、カナダ・バンクーバー、韓国・ソウルの3か所だ。7月10日付の日本経済新聞によると、ほかにロンドンやドバイなど4か所に営業拠点があるが、これらも閉鎖予定だという。

   縮小傾向は国内にも見られる。10月2日には約200人の「希望退職者募集」を発表、また大阪の開発拠点閉鎖も決めた。「イケイケ」で急成長を遂げた2012年から一転、この1年は守りを強いられている。スリム化した体制で、本業のゲームで再びヒット作を生み出せるか、グリーの苦悩はしばらく続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中