大々的に報じる一方で、「なぜこんなに大きく取り上げるのか」 フジ「とくダネ!」に「自己矛盾だ」と痛烈批判

印刷

   窃盗容疑で逮捕された、タレントのみのもんたさんの次男で日本テレビ社員の御法川(みのりかわ)雄斗容疑者(31)が、2013年10月3日に処分保留のまま釈放された。

   翌朝の「とくダネ!」(フジテレビ系)は逮捕から釈放までの一連の流れを詳細に報じたが、司会の小倉智昭さんは「なぜこんなに大きく取り上げられるのか」とメディア批判してみせた。視聴者からは「お前が言うな!」との声が多数上がっている。

取材班が自宅前で待ち構える気合の入れよう

   10月4日の「とくダネ!」は、8時47分頃から御法川容疑者の釈放についての特集を、釈放時のVTRも交えて放送した。

   警視庁愛宕警察署(東京・港区)の玄関前に張っていた取材班は、自動ドアの内側にいる御法川容疑者の姿をとらえた。容疑者が誰なのかわかりやすいよう、赤丸で囲むという視聴者への配慮もなされていた。

   御法川容疑者は警察署を出て車に乗り込み、自宅へと向かった。取材班は容疑者の自宅前にも待ち構え、到着した車に向かって「容疑を否認していたのに認めたのはなぜですか!?」「お父さんにお話はされたんでしょうか!?」「出来心というのは一体どんな出来心だったんでしょうか!?」と矢継ぎ早に質問を飛ばしていた。この間、車内の御法川容疑者の姿はかなり鮮明に映し出されていた。

   VTRが流れた後、スタジオに映像が切り替わったが、小倉さんは渋い表情だ。「(処分保留で釈放される)そのぐらいの犯罪に対して、ここまで大きく顔も撮らせるっていうのは…みのさんがおっしゃってたじゃないですか、私の子だから(事が)大きくなったのかなって。そっちの方も僕は気がかりなんですけどね」と、「なぜこんなに大きく取り上げるのか」との疑問を呈した。

   コメンテーターの深澤真紀さんも、「ある種ニュースバリューのある方ではあると思うんですが、何か他に理由があるのかと思ってしまうくらい異常な扱い方」と小倉さんに同調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中