プラズマテレビ「終焉」へ パナソニックが撤退方針

印刷

   パナソニックがプラズマテレビ事業から撤退する方針を固めた、と2013年10月9日付の日本経済新聞などが報じた。同社は、「PDP事業については、さまざまな検討を行っているが現在決定した事実はない」とコメントしている。

   パナソニックはプラズマ事業に2000年代半ばから5000億円以上を投じてきた。主力の尼崎工場(兵庫県)でのテレビ用パネル生産を、14年度をメドに終了する方向で調整している。尼崎工場の資産については製造設備の減損処理は実施済み。

   プラズマテレビは日本のメーカーが開発を主導。画面サイズで50型以上の大型テレビにプラズマ、50型未満の中小型には液晶と棲み分けたが、技術革新で液晶画面の大型化が進み、価格競争力のある液晶が主流となった。

   日立製作所が2008年度に、パイオニアは09年度に撤退。パナソニックが撤退すれば、プラズマテレビを手がける国内家電メーカーはなくなる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中