全盲のピアニスト梯剛之さん行方不明 目撃情報呼びかけ

印刷

   全盲のピアニスト、梯剛之さん(36)が親族の女性とともに2013年10月10日夜から行方不明になっていることが分かった。朝日新聞デジタルが14日、伝えた。

   報道によると、梯さんの姉が「自宅近く(国立市)のファミリーレストランにいる。迎えにきてほしい」と連絡を受けて店に行ったところ、梯さんの姿はなく、そのまま行方不明になったという。11日、父親が捜索願いを出した。所属事務所ソナーレ・アートオフィスは公式サイトで「身長150センチ程度の小柄な女性(60代)と一緒にいる可能性が高いと思われます」として目撃情報の提供を呼びかけている。なお、10月18日には兵庫県宝塚市でコンサートが予定されている。

   梯さんは生後1か月で小児がんにより失明した。4歳半よりピアノのレッスンを始め、98年には若手演奏家の登竜門、ロン・ティボー国際ピアノコンクールで2位に入賞。世界各国をめぐり、数多くのオーケストラや著名指揮者らと共演している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中