イオン、中国産米めぐる記事で文藝春秋を提訴

印刷

   流通大手のイオンは2013年10月16日、「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋に約1億6500万円の損害賠償などを求めて東京地裁に提訴した。問題とされたのは、10月9日に発売された10月17日号に「『中国猛毒米』偽装 イオンの大罪を暴く」と題して掲載された記事。三重県の米卸業者がイオンと契約する食品メーカー2社に対して、国産米と偽って大量の中国米を納入した事件を報じる内容で、偽装に気づかなかったイオンの検査体制を批判していた。イオンは、同社が汚染された中国米を安全な国産米と偽装して売っているかのような印象を与えるとして反発。10月17日号を店頭から撤去していた。週刊文春編集部は「記事には絶対の自信を持っている」とのコメントを出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中