「黒子のバスケ」脅迫犯 「創」に脅迫文一式などを送付

印刷

   人気マンガ「黒子のバスケ」をターゲットにした脅迫騒動の犯人と思われる人物が、月刊誌「創」編集部や篠田博之編集長に「手紙」を送っていたことが2013年10月22日に分かった。篠田編集長がYahoo!ニュースの個人コーナーに寄稿した記事で明かした。

   10月15日にセブン-イレブンは「黒子のバスケ」関連菓子に毒物を混入したという脅迫文が届いたことを受け、各店で商品を撤去した。脅迫文はメーカーやマスコミ各社にも届いていた。

   「創」編集部に犯人と思われる人物から封筒が届いたのは、各メディアが報道する1日前。中には各社に送った脅迫文一式の全種類コピーのほか、NHK、産経新聞、共同通信の3社のみに送ったという見本の菓子も入っていたという。篠田編集長にあてた文書では、この件をマスコミが取り上げなかった場合に公表してほしいという掲載依頼もあった。なお、事件の経緯については今後「創」で報じていく予定だとしている。

   昨年10月以来、「黒子のバスケ」の作者に恨みを持つという人物から、作者の母校や関連イベントの会場などに脅迫状を送る事例が相次いでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中