動き出す世界には希望の光は灯る【宮城・仙台発】

印刷

ヒザシでございます。
10月11日を明日に控え震災から2年7ヶ月を迎えます。
あの日々を乗り越え、今がある。
明日が本当に来るかも分からない状況で、私たちはその瞬間を必死で生きて来ました。
生きていることの意味を、何度も自分に問いかけました。
かすかな希望の光を、明日への思いを信じて。


私たちは今、日、一日とそれぞれの復興への道を歩み続けています。
動き出す世界には希望の光は灯る。
あれから日々生まれ来る希望の光り。
そして今日10月10日も希望の光が誕生したのです。


news_p187015_1.jpg

この子が生まれたのは仙台市立病院。
五橋駅近くに構え、あの震災を乗り越えたこの病院は来年度から長町に移転します。
震災の記憶を持つこの病院で生まれる命の意義。

news_p187015_2.jpg

この子が大きくなった時、自分の生まれた病院を聞く事があるでしょう。
「あの震災を乗り越えた病院で生まれたんだよ」と話してあげる時があると思います。

news_p187015_3.jpg

この仙台市立病院では震災が起きた2011年、通常よりも出生数が2~3割も減り、2012年からは例年の出生数に戻ったそうです。


これから生まれてくる新しい希望の光に震災の記憶と、教訓と、人間の強さと愛と優しさを教えてあげる事。
それが私たちの役目なのではないでしょうか。



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中