「リーガルハイ」黛弁護士の経歴に矛盾発覚 視聴者から指摘、訂正

印刷

   フジテレビ系連続ドラマ「リーガルハイ」(水曜22時)で、新垣結衣さん演じる弁護士・黛真知子の経歴が一部訂正された。

   2013年10月23日放送の第3話で、黛の高校時代の同級生として塚地武雅さん演じる熊井健悟が登場したが、公式サイトの黛のプロフィールでは「小学校から高校まで、お茶の水女子大附属に通っていた」と表記していた。お茶の水女子大附属高は女子高のため、内容とプロフィールが矛盾するのではないかと一部の視聴者から指摘があったという。

   ドラマ公式サイトには「黛先生ご本人に確認したところ、黛先生がお茶の水女子大附属に通われていたのは小、中学校までであり、高校は共学であるとのことでした。訂正してお詫びいたします。黛先生からは『個人のプロフィールを公表するときは、必ず本人に確認をとりましょう。訴訟問題に発展することもあります』とのご指導を賜りました」と、ドラマの世界観に沿った謝罪文が掲載されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中