ホテルの食品偽装相次ぐ JR四国系など5か所でも発覚

印刷

   阪急阪神ホテルズのレストランの食品偽装問題が発覚して以降、各地のホテルでも同様の問題が次々と明るみに出てきている。2013年10月29日にはJR四国系のホテル3か所、静岡県のホテル、北海道のホテルでも問題が見つかったと発表された。

   JR四国系の「ホテルクレメント宇和島」(愛媛県)のレストランでは12年1月以降、朝食の「自家製漬物」2種のうち1種に既製品を使用していた。また提供開始時期は調査中だが、市販の牛乳も「フレッシュ」と表記して提供していた。「ホテルクレメント徳島」(徳島県)のレストランでは12年11月1日以降「和風ステーキ膳」に牛脂注入肉を使っていたことを明記していなかった。「四万十いやしの里」(高知県)のレストランでは、「天ぷら御膳」に「地元朝とれ有機野菜」使用と表記していたが、市場から仕入れた野菜に変更した後も表記を変えなかった。変更時期については調査中だという。

   遠州鉄道系の「ホテルコンコルド浜松」(静岡県)の喫茶店では09年2月以降、「遠州カレー」に調達が難しい時期は地元産以外の具材を使用。売店で製造・販売していた「出世城パウンドケーキ」は製造を委託するようになった昨年9月28日以降も製造者の記載内容を変更していなかった。

   「ルネッサンスサッポロホテル」(北海道)の中国料理では阪急阪神ホテルと同様の「エビ」の問題が発覚した。大正エビ、芝エビの記載がある料理で実際はバナメイエビなどを使用していたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中