「ほこ×たて」終了決定 「ヤラセ告発」事実と認める

印刷

   フジテレビ系の人気バラエティー番組「ほこ×たて」が放送終了することが、2013年11月1日に公式サイトで発表された。

   10月20日に放送された「どんな物でも捕えるスナイパーVS絶対に捕らえられないラジコン」という企画で、出場者が「撮影で起こったことと放送内容があまりに異なる」などとする告発文をネット上に公開していたが、これについて「出演者の方からご指摘頂いた収録の順番や、対戦の運営に関する経緯は、大筋において事実であり、不適切な演出があったことが社内の調査で確認されました」と認めた。

   さらに、12年10月21日放送の「どんな物でも捕える猿VS絶対に捕えられないラジコンカー」という企画では「不適切な演出と、動物に対する配慮に欠けた撮影が行われていたことが確認されました」とした。

   「視聴者の皆様の期待と信頼を裏切る行為が確認された以上、真剣勝負を標榜している番組の継続は不可能と判断し、今後の『ほこ×たて』の放送終了を本日決定致しました」と、終了決定に至った理由を説明した。

   なお、調査結果はBPOの放送倫理検証委員会に報告書として提出、再発防止を徹底するために社内制作セクションを横断した対策委員会の設置と識者を講師とした「コンプライアンス懇談会」も開くという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中