社民・吉田党首、山本太郎氏に「私どもと一緒に脱原発、特定秘密保護法案反対を」

印刷

   社民党の吉田忠智党首は2013年11月6日の定例記者会見で、山本太郎参議院議員が13年10月31日に開かれた秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した件について、「皇室の政治利用という疑念を抱かれるような行動を取ったことについては、しっかり反省をすべき」と述べた。

   その上で、「議員辞職につながるとは考えていない」とも話し、「66万票にも及ぶ山本さんを支持した方の思いをしっかり受け止めて、私ども社民党と一緒に、脱原発もそうでありますし、特定秘密保護法案反対も含め、議員として期待もされておりますので、しっかりと行動して頂きたい」と、協力し合っていきたいとの考えも示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中