イチロー国民栄誉賞辞退の裏話 「鈴木一朗です」本人が官邸に電話していた

印刷

   飯島勲内閣官房参与は「週刊文春」の連載「激辛インテリジェンス」(2013年11月14日号)で、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手が01年、04年に、当時の小泉純一郎首相から授与を打診された国民栄誉賞を辞退した時の裏話を明かしている。

   飯島氏は当時秘書官だったが、「鈴木さんからお電話ですが」と言われ、誰かわからず電話を取ったら「鈴木一朗です」と名乗られ、イチロー選手本人が直接官邸に電話をかけてきたことがわかった。イチロー選手からは「大変名誉なお話ですが、現役の間は賞はいただくわけに参りません」ときっぱり断られたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中