イチロー国民栄誉賞辞退の裏話 「鈴木一朗です」本人が官邸に電話していた

印刷

   飯島勲内閣官房参与は「週刊文春」の連載「激辛インテリジェンス」(2013年11月14日号)で、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手が01年、04年に、当時の小泉純一郎首相から授与を打診された国民栄誉賞を辞退した時の裏話を明かしている。

   飯島氏は当時秘書官だったが、「鈴木さんからお電話ですが」と言われ、誰かわからず電話を取ったら「鈴木一朗です」と名乗られ、イチロー選手本人が直接官邸に電話をかけてきたことがわかった。イチロー選手からは「大変名誉なお話ですが、現役の間は賞はいただくわけに参りません」ときっぱり断られたという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中