「かんぽの宿」や「不二家」でも不適正なメニュー表示

印刷

   日本郵政は全国66施設のかんぽの宿などにおいて17施設で不適正なメニュー表示がであったと2013年11月8日に発表した。13年10月31日に「かんぽの宿塩原」で不適正なメニュー表示があったことをきっかけに他の施設も調査した。該当する料理を食べた客の対応は検討中という。

   不適正なメニュー表示は、ブラックタイガーを「車エビ」として表示したり、稲庭風うどんを「稲庭うどん」、山口産以外のふぐを「本場山口」のふぐ、既製品を「手作りハンバーグ」と表示していたケースなどがあった。

   また洋菓子メーカーの不二家も8日、「成形肉」を説明なく「ステーキ」と表示し、首都圏などの「不二家レストラン」63店舗で売っていたと発表した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中