「新語・流行語」30年間のトップ10発表 「格差社会」「キャバクラ」など

印刷

   毎年末に発表される「新語・流行語大賞」が2013年12月で30回目を迎えるのを記念し、主催の自由国民社は11月13日、今でも使われている言葉など時代を象徴する10の言葉を「新語・流行語の30年のトップ10」として発表した。

   30年間の受賞語337語から99語を厳選し、同社が出版する「現代用語の基礎知識」の読者のうち300人に郵送アンケートを実施し10語に絞った。

   選ばれたのは、1985年の「キャバクラ」、86年の「亭主元気で留守がいい」、89年の「セクシャル・ハラスメント」、90年の「オヤジギャル」、93年の「サポーター」、94年の「同情するならカネをくれ」、95年の「安全神話」「がんばろうKOBE」、96年の「自分で自分をほめたい」、2006年の「格差社会」。最も得票数が多かったのは「格差社会」だという。

   13年の新語・流行語大賞は12月2日の発表を予定している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中