スマホ利用の交流サイト経由した被害児童が最多 

印刷

   警視庁は2013年11月14日、コミュニティサイトに起因する児童被害についての上半期の調査結果を発表した。犯罪の被害にあった児童数の合計は、前年同期より89人多い598人だった。

   そのうちスマートフォンを利用してコミュニティサイトにアクセスし、被害にあった児童の数は274人で、前年下半期の122人から大幅に増加した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中