サッカー日本代表、韓国では試合不可能か 新ユニホーム「旭日旗」は取り締まり対象

印刷

   また韓国か――と国内では、もはやため息ばかりが聞こえる。サッカー日本代表の新ユニホームが「旭日旗を連想させる」と難癖を付けられている問題で、とうとう韓国政界からも「ユニホームも取り締まり対象」などという発言が出始めたのだ。

   問題のユニホームは、2013年11月11日に大々的に発表されたばかり。左胸のエンブレムから放射状に伸びる薄い青のラインが特徴的だ。日本サッカー協会では、W杯に一丸となって挑むべく、「円陣」を表現したものだと説明している。

「旭日旗ユニホームで韓国戦、とても考えられない」

「旭日旗」騒動に見舞われているサッカー日本代表新ユニホーム(日本サッカー協会ウェブサイトより)
「旭日旗」騒動に見舞われているサッカー日本代表新ユニホーム(日本サッカー協会ウェブサイトより)

   しかし、このデザインに韓国側は「どう見ても旭日旗(戦犯旗)だ!」と敏感に反応した。海外メディアが新ユニホームをスクープして以降、

「東アジアの国々の怒りを買うだろう」(聯合ニュース)
「恥知らず日本、W杯に『戦犯旗』ユニホーム確定」(KBSテレビ)

などと盛んに報道し続ける。ネット上も、「FIFA! これこそ『政治利用』だろうが!?」「早く制裁しろ」「試合後のユニホーム交換でめちゃくちゃに踏みつけてやろうぜ」などとくそみそだ。日本国内では「どこが旭日旗?」との声もあるが、

「アジアの神話で太陽の象徴とされる『三足烏』(協会のエンブレムである『ヤタガラス』を指す)が中央にあることを考えても、旭日旗であることは明白」(ある韓国の掲示板住民)

と、妙な屁理屈までこねて「旭日旗ユニホーム」を既成事実化しようとする。

   韓国のサッカー協会は今のところ、「日本側が公式に『旭日旗だ』と言っているわけでもない。デザインに口出しされれば、さすがに日本も不快だろう」と慎重な姿勢だ。しかし政界からは、早速くちばしを挟もうとする動きもある。

   野党・民主党の安敏錫議員は、さっそく国会にこの問題を持ち込む方針を示した。中央日報が伝えるところによれば、「日本代表が『戦犯旗ユニホーム』を着て韓国で試合をするなど、とても考えられない事態だ。協会はなんとしても阻止せねばならない」(関係者の発言)とその鼻息は荒い。

   韓国では9月に、「日本の軍国主義を象徴する旗や服、マーク」を韓国内で使用することを禁止する「旭日旗禁止法案」が提出されている。違反すれば1年以下の懲役か300万ウォン(約28万円)以下の罰金だ。法案に携わった与党・セヌリ党の孫仁春議員の関係者は、こう高言する。

「法案は早ければ14年2~4月にも通るだろう。新ユニホームもその対象だ」(中央日報、14日付記事)

中国からの呆れ声に「やはり漢族は無知だな」

   さらに韓国側では国内のみならず、海外でも旭日旗を「抹殺」するため、「日本から被害を受けた」アジア各国を仲間に引き込もうと目論む。

   だが、その道は険しい。この騒動は「環球時報」など中国メディアでも盛んに報じられているが、コメント欄を見ると、「お決まり」の反日書き込みはともかく、肝心の「旭日旗」についての韓国側の主張については、

「疑心暗鬼の韓国人には、なんでも旭日旗に見えるわけだ」
「韓国人の想像力は豊かだなあ」

と呆れるような声が目立つ。中国版ツイッター・ウェイボーでも、

「いろいろな見方はあるにせよ、このデザインは素敵だと思うけどなあ」(広州在住だというある男性)

と、かえって「かっこいい!」というつぶやきさえ聞こえてくる有様だ。こうした「海外の反応」に韓国掲示板はいらだち、「やっぱり漢族は無知だな」「チャンケ(中国人の蔑称)もチョッパリも同類、どっちも邪悪だ」などと毒づく人も。現状では「共闘」とはいかないらしい。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中