経団連の北京事務所、閉鎖状態? 日中関係「政冷経熱」簡単ではない

印刷

   日本経済団体連合会の北京事務所が、事実上の閉鎖ともいえる状態になっていることが2013年11月18日にわかった。1年更新の事務所の設置許可を中国当局に申請していないからだ。

   政治が冷え込んでも経済交流は活発という「政冷経熱」の立場を経団連は強調してきた。9月には中国の国営・民間企業のトップで構成される「中国企業家代表団」が来日し、米倉弘昌会長らと会談するなど、日中関係の関係改善への期待が高まっていた。

「事務所は閉鎖していませんし、活動もしています」

なかなか「政冷経熱」というわけにはいかない?(画像は、日本経団連のホームページ)
なかなか「政冷経熱」というわけにはいかない?(画像は、日本経団連のホームページ)

   経団連の北京事務所は、2012年4月に開所。米倉弘昌会長の出身企業である住友化学中国法人の事務所の一部を間借りし、所長が一人で駐在して活動している。事務所は1年ごとに設置認可を更新することになっており、中国国家工商行政管理総局と北京市政府が認可権限をもっているという。

   その期限が3月に切れているが、経団連は「事務所は閉鎖していませんし、活動もしています」(濱厚常務理事)と話す。ただし、所長は現在北京に常駐しておらず、短期出張しながら活動を続けている。

   経団連は「一部報道では、認可申請が済んでいるかのように報じられていますが、そもそもまだ申請もしていません。(申請後)すぐに受理してもらいたいと考えており、準備しているところです」と説明している。

   とはいうものの、「申請していない」いうあたりに現在の日中関係が反映されているようだ。

   折しも、11月18日からは日中経済協会(会長・張富士夫トヨタ自動車名誉会長)が米倉会長や今井敬・元経団連会長ら経済界首脳や経済産業省幹部による訪中団を、北京に送ることになっていた。

   北京事務所の「閉鎖状態」の報道に、経団連は「尖閣問題と強引に結び付けているだけ」と、日中関係の雪解けムードに「水を差すな」といわんばかりに憤っている。

日中関係は「政冷経涼」と香港メディア

   香港中通社が2013年11月10日に報じた「中国と日本の『政冷経涼』、貿易額が大幅減少」という記事では、「日中関係は以前の『政冷経熱』から、『政冷経涼』の状態に落ち込んでいる」と指摘。中国税関によると、13年1~10月に中国と欧州、米国、アセアンとの貿易額は前年同期比で伸びたが、日本との貿易額は7%減り、2559億8000万米ドル(約25兆5000億円)になったと、関係悪化が貿易に大きな打撃をもたらしたとしている。

   外交の行き詰まりが、経済に影を落としていることは間違いなさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中