大阪都構想、反対が賛成上回る 橋下市長支持率も低下 朝日・ABC調査

印刷

   朝日新聞社と朝日放送(ABC)が2013年11月16日と17日に大阪府民を対象に行った電話世論調査の結果によると、大阪市の橋下徹市長の支持率が前回13年2月調査の61%から49%に大幅に低下した。不支持率は前回25%から31%に上がった。支持率が50%を割るのは初めて。

   橋下氏が率いる大阪維新の会が掲げる「大阪都構想」についても、賛成と答えた人が前回48%から32%に減少。逆に反対は36%から37%に増え、初めて反対が賛成を上回った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中