カー・オブ・ザ・イヤーにVW「ゴルフ」 輸入車初

印刷

   自動車雑誌などでつくる日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、最も優れた自動車に贈る「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2013‐2014」に、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ゴルフ」を選んだ。2013年11月23日、「第43回東京モーターショー」の一般公開が始まった東京ビックサイトで最終選考会が行われた。輸入車の受賞は初めて。

   「VWゴルフ」は7代目の全面改良車が6月に発売された。正確な操作性と上質な乗り心地を両立し、市街地走行でも長距離ドライブでも楽しめることなどが受賞理由で、実行委員会は「いま日本のユーザーに一番乗ってほしい」と称えた。

   また、環境技術などを評価する新設の「イノベーション部門賞」は三菱自動車のプラグイン・ハイブリッド車「アウトランダーPHEV」が、デザインなどで選ぶ「エモーショナル部門賞」はマツダの「アテンザ」が受賞。軽自動車が対象の「スモールモビリティ部門賞」は、スズキの「スペーシア」とマツダの 「フレアワゴン」が選ばれた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中