「テレビドラマ復権」は幻だった 視聴率1桁連発、「夫のカノジョ」なんと3%

印刷

   TBS系「半沢直樹」やテレビ朝日系「相棒」が社会現象になるほどの人気を博し、長らく低迷していたテレビドラマが「復権か」とささやかれている。

   「視聴者がドラマに戻ってきた!」と喜ぶ声も上がったが、今期は一転して絶不調のドラマが目立つ。19~23時のプライムタイムに多くの作品が平均視聴率1桁、「3%台」という寂しい数字の作品もあるのだ。「半沢」「相棒」はまぐれなのだろうか。

平均視聴率1桁が15作品中7作品

「家族の裏事情」公式サイト
「家族の裏事情」公式サイト

   2013年10月期(10月スタート)の民放ドラマで、特に低調なのが「夫のカノジョ」(TBS系木曜21時)だ。裏番組が人気シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)という不利な条件なのもあってか、初回から4.7%と低調で、11月21日放送の5話では3.0%と、「今世紀のプライム帯放送ドラマで最も低い視聴率」という屈辱的な数字を叩き出してしまった。11月27日のTBS定例会見では、佐々木卓編成局長が「大変厳しい視聴率で終了することになった」と、8話で打ち切りになることを明かした。

   「家族の裏事情」(フジテレビ系金曜20時)も負けていない。今期から新設されたドラマ枠の第1弾の作品だが、初回6.5%と華々しい門出とはならず。その後もどんどん下がり、11月22日放送の5話では3.8%を記録した。

   不調が目立つのは2作品だが、他のドラマも良い数字とは言えない。11月27日時点で平均視聴率が1桁なのは15作品中7作品で、プライム帯の民放ドラマの平均視聴率は11.2%となっている。

   平均2桁を保っている「海の上の診療所」(フジテレビ系月曜21時)も11月18日放送の6話は8.9%、25日放送の7話は9.9%と1桁に転落し、「安堂ロイド」(TBS系日曜21時)、「独身貴族」(フジテレビ系木曜22時)もギリギリ2桁を死守、という具合だ。

   7月スタートのプライム帯民放ドラマでは、全話平均視聴率が1桁なのは14作品中4作品、全ドラマ平均視聴率は13.03%で、全体的に好調だったという印象だ。

   芸能評論家の肥留間正明さんは10月期の惨状について、視聴者でなくジャニーズをはじめとしたタレントのためのドラマ作りになってしまっているのが原因と見ている。

「脚本、演出、キャスティング、俳優の演技がしっかりしている、『当たり前のこと』ができているドラマがドクターX、相棒、リーガルハイの3本だけ。当たり前のことをやって成功した『半沢~』の教訓が全く生かされていない」

と指摘した。

   不調2作品については、「夫のカノジョは中途半端でマイナーなテーマ設定が良くない。このタイトルじゃ主婦層の共感を得られない。家族の裏事情は完全にキャスティングミス。主役はもっと引き付ける人じゃないと」と一刀両断にした。

「口出ししすぎるテレビ局が番組をつまらなくしている」

   1990年代は「視聴率20%が当たり前」と言われていたテレビドラマだが、インターネットや携帯電話など多種多様なコンテンツの普及、生活様式の変化などで、今や「15%取れれば御の字」という空気になっている。

   低迷が続いたドラマ界に彗星のごとく現れた「半沢」の好調で、一部では「ドラマ復権だ!」と期待の声が上がっていた。

   13年8月22日付夕刊フジの、出版プロデューサー・高須基仁さんの連載「人たらしの極意」では、「プロダクションの力だけで学芸会風の素人演技を見せるアイドルをムリクリ出演させることが減ってきた」などの理由で、「『半沢直樹』をはじめとする本格派のテレビドラマに視聴者が戻ってきた」と書かれている。

   各テレビ局の9月の定例会見でも、「ドラマ低迷期は脱したかもしれないという感じがしております」(テレビ朝日・早河洋社長)、「こういう時代に40%を超える番組が存在することは、頑張ればできるということ」(フジテレビ・亀山千広社長)などのコメントがあり、各局のテレビドラマへの期待がうかがえた。

   しかし残念ながら、10月期のドラマは現時点で「復権」と言うには程遠い数字だ。やはりヒットする作品は「まぐれ」で、「ドラマ全体が上向き」とは言えないのだろうか。

   肥留間さんは「今後も『当たり前のこと』をやったドラマは成功するだろう」とした上で、「今はテレビ局が番組作りに口出ししすぎだ」と指摘する。「相棒」の東映や「ドクターX」のザ・ワークス、「リーガルハイ」の共同テレビなど、成功しているドラマには制作会社が大きく関わっているものが多いという。

   テレビ局のプロデューサーが制作にあれこれと口出しすると、下請けが何も言えない状態になり、やる気をなくし、結果面白い番組作りができない。テレビ局は「放送会社」に徹し、制作会社が作るものを信頼し、大事にするという姿勢が必要だと力説していた。

   ちなみに「家族の裏事情」12月6日放送回には、大人気のゆるキャラ「ふなっしー」がゲスト出演する。視聴者獲得の切り札になるだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中