韓国・地下鉄でミニのワンピース姿女性の盗撮に無罪判決 理由は「公共の場で自然に見ることができる姿だから」

印刷

   高画質の写真を手軽に撮影できるスマートフォンの普及に伴って、盗撮による逮捕が報じられることが増えている。日本に限らず韓国も同様のようで、盗撮被害が相次ぎ問題化している。

   韓国ソウルの地下鉄では、スカートの女性を盗撮、携帯電話から盗撮した写真も出てきたが、裁判の判決は無罪となった。どうしてなのか。

盗撮したのは女性の全身写真

地下鉄(イメージ画像)
地下鉄の様子(イメージ画像)

   韓国紙・中央日報(2013年10月10日)によると、韓国で13年上半期に盗撮された女性の被害者は2132人に上る。1日平均12人が被害に遭った計算だ。特にソウル駅は「盗撮1番地」と呼ばれ、 2011年と2012年の 7?8月だけで85件が摘発されたほど、盗撮犯罪が頻発しているという。韓国では盗撮して摘発された場合、5年以下の懲役または1000万ウォン以下の罰金に処せられる。

   12月2日にも朝鮮日報が、ソウル地下鉄車内で発生した盗撮事件について報じた。しかし、この事件には無罪判決が出ているという。同紙によると、米国籍講師が携帯電話のカメラで、足を組んで座っていた女性を盗撮したという事件だ。女性の年齢は20歳で、ミニのワンピース姿だった。

   女性の前を通り過ぎながらこっそりと撮影したところを取り押さえられた。女性の「脚部」を撮影したとして検察は略式起訴したが、正式裁判に回されて陪審員裁判になった。しかし携帯電話から出てきたのは、女性の全身を撮影した写真2枚だった。

   盗撮の動機について「いつかあんな女性に出会って結婚したい」という思いから写真を撮ったと述べた。これに対して審査員7人のうち5人は、その主張を受け入れて「無罪」と判定し、残りの2人は「有罪」という意見を出した。

   裁判官は「この事件の写真は、公共の場で人の視界に映る姿をそのまま撮影したもの」であるとして、「金氏の行為が性的欲求によるものや、羞恥心を与える撮影と見るのは難しい」との見方を示した。

判決に賛否両論

   また女性の服装について「短いワンピースを着ていたが、過度な露出ではなかった」とし、「若い女性が足を組んで太ももの一部を覆われている状態は、人が往来する公共の場で自然に見ることができる姿」であるとして無罪判決となった。

   この件について翻訳されて日本でも報じられると、2ちゃんねるでは「この言い訳で無罪になるとかwwwww」「認めてんのに無罪とか凄いわ」などといったコメントが多数書き込まれた。

   また一方で、「これはいい判決だな」「ほう、やるじゃねーか韓国」「韓国は素晴らしい国だな移住を真剣に考えてしまった」という意見も出ている。

   日本でも電車内で女性の容姿を携帯カメラで無断撮影したとして、海上自衛隊の男性海士長が軽犯罪法違反の疑いで書類送検され、起訴猶予処分になったことがある。女性の立ち姿を数枚撮ったところ、「この人盗撮しています」と警察に突き出された。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中