猪瀬都知事ちょっとヤバイ感じ? 汗はダラダラ目はうつろ、息荒い「異常な姿」

印刷

   猪瀬都知事は大丈夫なのか、ちょっと危ないんじゃ――そんな声があちこちで上がっている。政治生命が、ではない。体調の話だ。

   耳たぶから大粒の汗をポタポタ落とし、力ない声であいまいな答弁に終始する。かつての「ゴーマン」ぶりからは考えられない弱々しい姿に、「追い詰めすぎなのではないか」との声さえ出始めた。

座る席わからずマゴマゴ、手も震え…

かつては批判受けても自信たっぷりだったが…(5月撮影)
かつては批判受けても自信たっぷりだったが…(5月撮影)

   2013年12月9日、議場に入った当初から、猪瀬都知事の様子はどこかおかしかった。

   ダークスーツに、普段はかけない眼鏡という出で立ちで都議会総務委員会に現れた都知事だったが、どこに座っていいのかわからない様子でまごつき、職員に引っ張られるようにしてようやく着席する。黄色のファイルを携える手は、かすかに震えているようにも見える。

「おかしいだろっていうんだよ、そんなの。そんなの人間として、おかしいって言ってるんだよ!」
「ふざけるな――と、テレビの前で都民国民は、みんなそう言っていますよ」

   自民の高木啓都議らは、語気も荒く都知事に詰め寄り続けた。日ごろなら、都知事も負けじと反撃したことだろう。しかし、口をついて出るのは、

「木村(三浩・一水会代表)氏から……えー、少し珍しいところへ連れて行くというような、まあ、ことで、付いて行ったということが実情で……」
「副知事になってから収入も減りましたので……」
「ひとつひとつのことってのは、意外と覚えてないんですよね……」

といった、「歯切れが悪い」というよりも、ほとんど気力を失ったような言葉ばかりだ。クローズアップされた「(5000万円を貸した徳田毅衆院議員を)僕は親切な人だと思いましたよ」という発言も、いつものふてぶてしさとは程遠い。

   何より顔面を伝う多量の汗が、その「異常さ」を浮き彫りにしていた。議場に入った時点ですでに額には汗がにじんでいたが、質疑開始直後からその汗は耳たぶを伝い、スーツの襟にまで滴る。マスコミはこの光景を面白おかしく取り上げたが、もはや病的な姿とさえ言っていい。

立ち上がるたびに「はあーっ」と息をつく

   顔面は赤みを帯び、五輪招致を決めたときのようなツヤは見られない。また呼吸も荒く、座って質問を聞いている間も、胸元がせわしなく上下している様子がうかがえる。特に質疑後半は答弁に立つのも辛い様子で、立ち上がるたびに、

「はあーっ……」

という長いため息が繰り返し議場に響いた。目も虚ろで、「心ここにあらず」だ。

   あいまいな答弁、を通り越したその有り様に、タレントのフィフィさんは批判しつつも、

「こっちはそんな弱々しい姿を見せられたくない。見るに耐えない。辞任して、ゆっくり休まれてはどうだろうか?」

とツイッターで提案する。一般のユーザーからも、「猪瀬さん大丈夫? ヤバイよな」「病気になって倒れちゃいそう」と気遣う声も。

   過去には、「なんとか還元水」問題で追及を受けた松岡利勝元農水相、「偽メール事件」の永田寿康元衆院議員の自殺事件などもあり、メディアによる「袋叩き」の構図を批判する向きも少なくない。「モーニングバード!」(テレ朝系)でもコメンテーターの舘野晴彦氏が、「放送してるだけで集団いじめみたいになっちゃいますもんね」と不安を漏らす一幕があった。

   猪瀬都知事は10日も引き続き、総務委員会で追及の矢面に立たされた。答弁の方は相変わらずだったが汗の量は減り、少し持ち直したようにも見えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中