張成沢氏に死刑執行、「大粛清」が進行 複数の党幹部処刑、副首相2人も中国に脱出説

印刷

   朝鮮労働党のすべての役職を解任されていた張成沢(チャン・ソンテク)氏に対する特別軍事裁判が2013年12月12日開かれ、国家転覆を試みたとして死刑判決を下した。死刑は即時執行されたという。12月13日、労働党機関紙の労働新聞と国営朝鮮中央通信が伝えた。

   すでに処刑が伝えられている複数の党幹部についても批判しており、処刑が事実である可能性が高い。韓国のケーブルテレビは張氏に近かった副首相2人が中国に脱出し、亡命を申請していると伝えている。北朝鮮で「大粛清」が進行している可能性もある。

「犬にも劣る醜悪な人間のくず」と罵倒

労働新聞が配信した写真。張氏に手錠がかけられているのが確認できる
労働新聞が配信した写真。張氏に手錠がかけられているのが確認できる

   配信された記事では、張氏を「犬にも劣る醜悪な人間のくず」と表現。金正日総書記の死去に乗じて政権転覆を試みたと非難している。記事によると、張氏は審理の過程で、

「国の経済実態と人民の生活が破局的に広がるにもかかわらず、現政権が何の対策も立てることができないという不満を(軍隊と人民が)抱くようにしようと試みた」

などと述べたという。

「歳月は流れ、世代が十回、百回交代しても変化することも替わることもないのが白頭山の血統である。 わが党と国家、軍隊と人民はただ、金日成、金正日、金正恩同志以外には誰も知らない」

との表現もあり、張氏の処刑を通じて金一家の世襲の正当性を強調する狙いがあるとみられる。

デノミ失敗を「背後で操った張本人もまさに張成沢」

   すでに処刑が伝えられている人物も批判の対象になった。李龍河(リ・ヨンハ)行政部第1部長と張秀吉(チャン・スギル)行政部副部長については、張氏は「いくらでも私に従うだろうと思った」と述べたという。

   2009年に行われたデノミ失敗の責任を問われ処刑が伝えられている朴南基(パク・ナムギ)党計画財政部長についても言及。朴氏を「そそのかして数千億ウォンの朝鮮通貨を乱発しておびただしい経済的混乱が起きるようにし、民心が乱れるように背後で操った張本人もまさに張成沢である」とした。

   張氏が北朝鮮に経済的損害を与えた点も非難されている。腹心が背負った借金を返済するとして「羅先経済貿易地帯の土地を50年の期限で外国に売ってしまう売国行為もためらわなかった」上に、09年だけで460万ユーロ(約6億5000万円)を地下金庫から引き出して無駄遣いし、賭博場にも出入りしていたとした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中