「サンフレッチェ2位でいい」発言の広島市長、祝賀会で謝罪

印刷

   「サンフレッチェは、優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれるので、2位でいい」と発言したとして波紋を呼んでいた広島市の松井一實市長が2013年12月12日、J1で2連覇したサンフレッチェ広島の祝賀会に出席した。

   来賓あいさつに立った松井市長は「先日の発言でお騒がせし、小谷野社長、森保監督をはじめ、選手、スタッフの方々にご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪、「心底優勝してほしいと思っていた」とも弁明した。「スタジアム問題」については言及しなかった。

   広島市のサッカースタジアムをめぐっては、サンフレッチェとサポーターらは、現ホーム・エディオンスタジアム(広島ビッグアーチ)が老朽化が進んでいるため、旧市民球場跡地に新スタジアムの建設を望んでいるが、市側は「緑地公園化」「文化施設建設」を進めたいという思惑の違いがある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中