猪瀬知事が新著 タイトルは「勝ち抜く力」

印刷

   医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で辞任が不可避とみられている東京都の猪瀬直樹知事が2013年12月18日に新著を出版することが明らかになった。タイトルは「勝ち抜く力」(PHPビジネス新書)。本の説明文によると、

「『チーム・ジャパン』はなぜ五輪招致をなし得たのか。IOC委員への交渉、スピーチなど、長きに渡る招致活動の裏側を初めて公開する」

といい、招致レースを「勝ち抜いた」ノウハウを公開するようだ。ただ、猪瀬氏が窮地に追い込まれている状況での出版なだけに、「炎上商法か」といった声も出ている。猪瀬氏の過去の著書には、「突破する力」 (青春新書インテリジェンス) 、「決断する力」 (PHPビジネス新書) 、「解決する力」 (同)などがある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中