安倍首相がASEAN特別首脳会議の成果アピール 「飛行の自由」協力強化で中国けん制

印刷

   安倍晋三首相は2013年12月14日会見し、同日まで行われた日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議の成果についてアピールした。その中で、上空飛行の自由などを確保する取り組みを進めることで合意したことを強調。防空識別圏(ADIZ)を突然設定した中国をけん制した。

中国の動きは「多くのASEANの首脳の皆さんも懸念を共有していると思う」

記者会見に臨む安倍晋三首相。壇上にはプロンプター(写真右上)も登場した
記者会見に臨む安倍晋三首相。壇上にはプロンプター(写真右上)も登場した

   特別首脳会議には、ASEAN加盟10か国のうち、政情不安で副首相が代理出席したタイ以外の9か国の首脳が出席。航行の自由、上空飛行の自由、民間航空機の安全を確保するための協力を強化することで合意した。

   記者会見では、名指しこそ避けたものの、

「ASEANがさらに発展していくためには、力ではなく法が支配する安全な海と空が不可欠。これに対して現在一方的な行為により、東シナ海・南シナ海の現状を変えようとする動き、自由な飛行を基礎とする国際航空秩序を制限しようとする動きがみられる。この地域の緊張が高まっていくことは、誰の利益にもならない。我々は、このような動きを強く懸念している。おそらく、多くのASEANの首脳の皆さんも懸念を共有していることと思う」

と、中国の一連の動きを批判。日中関係については、

「課題があるからこそ、首脳同士が胸襟を開いて話し合うべきなのではないか。ぜひ中国側にも同じ姿勢を取っていただきたいと思う」

と述べ、従来の「対話のドアは常にオープン」という姿勢を繰り返した。

   北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)元国防委員会副委員長に対して死刑が執行された問題が日朝関係や拉致問題に与える影響については

「具体的にコメントすることは差し控えたい」

と述べるにとどめた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中