「風当たりきつかった。家族と外食できなかった」 次長課長河本、「生活保護受給騒動」を振り返る

印刷

   母親の生活保護受給が問題となった次長課長の河本準一さん(38)が、騒動から約1年半経って、当時の心情や周囲の反応について口を開いた。

   かなり厳しかった世間の目も温かくなりつつあると感じているというが、河本さんの実感とは裏腹に、ネット上ではまだまだ怒りがおさまっていないようだ。

「仕事が減ったんですよ」ラジオ出演でぶっちゃける

2012年5月、謝罪会見での河本さんの様子
2012年5月、謝罪会見での河本さんの様子

   河本さんは2013年12月13日放送のラジオ番組「今田耕司のオールナイトニッポンGOLD」にゲスト出演した。

   河本さんと仕事で会うのが久しぶりだという今田さんが「久しぶりに会うて1回痩せてたのに、何かまたお前倒れる前(編注:河本さんは10年10月に急性すい炎で入院した)に戻って来てるな?ぽっちゃぽちゃになって来てるな」とイジると、河本さんは「仕事の量がちょっとだけ減ったんですよ」とぶっちゃけた。

   今田さんが笑い交じりに「何でやろ?原因わからんけど」と攻めると、「わかりませんか?また一から説明したらぶり返すよ。2013年じゃないもんあれ2012年やもん、またぶり返したらどえらいことになる」と、自ら「受給騒動」に切り込んだ。

   河本さんが12年5月に謝罪会見を行った際、今田さんはマネージャーと喫茶店にいて、テレビで中継を見たという。喫茶店を経営する夫婦がそれを見ながら「泣いたってダメだよ」などと怒っていて、「これが世間か!」と実感したそうだ。

   河本さんは「風当たりきつかったぁ~…」と当時を振り返った。会見の少し後に北海道で仕事があった河本さんは、前日にものもらいができたため眼帯をしていた。休憩中に地元住民から「どうした、けがしたの?」と聞かれたので「ものもらいです」と返したら、「何でもかんでももろたらあかんで」と怒られたというのだ。今田さんは爆笑しながらそのエピソードを聞いていた。

「反省してないだろ」ネット民は発言に怒り

   笑い話のように振り返っていたが、「ほんまに反省してます。今でももちろんしてますし」と強調する。「家族で外食とかできなかった。一人で歩いてても、急に背中叩かれて『しっかりせーよ』みたいな」と、かなり肩身の狭い思いをしていたことを明かした。あまりの世間の厳しさに、今田さんが「お前(生活保護費)もろたんやったっけ?」と確認すると、「もろたんおかんで、払ろたん俺なんです」と釈明した。

   そんな河本さんも、今では世間の目が温かくなってきていると感じているようだ。「頑張れ、笑いで返していけって言ってくれるようになりました」と言うと、今田さんは「変わってきたんやね」と感心していた。

   このラジオの内容がネット上に引用されると、2ちゃんねるやツイッターでは「なんで話のネタにしてんの?反省してないだろ」「風化すんのはしょうがないが許すわけねー」「反省しているならTVに出てこないで欲しい」「テレビ出た瞬間チャンネル変えてるわ、目障り」など批判の書き込みが相次いだ。

   13年1月から休眠状態の河本さんのツイッターアカウントあてにも、非難のリプライが寄せられている。一部のネットユーザーはかなり根に持っているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中