紅白司会の綾瀬はるか、当日リハでもミス連発で大丈夫?

印刷
「花は咲く」を歌い終えた綾瀬はるかさん(31日撮影)
「花は咲く」を歌い終えた綾瀬はるかさん(31日撮影)

   2013年12月31日夜に行われる第64回NHK紅白歌合戦で、紅組司会者・綾瀬はるかさん(28)の進行が本番直前まで不安視されている。12月29日放送の番組でも曲名を間違えるなどのハプニングがあったが、31日の当日リハーサルでもミスを連発した。

   綾瀬さんはリハーサルで、「紅組」と言うべきところを幾度となく「紅白」と間違え、NMB48の渡辺美優紀さんに「山本(彩)さん」と呼びかけた。SKE48の曲名「賛成カワイイ!」を「絶賛カワイイ!」と間違えた際には、思わずSKEから「ゼッサン…!」と驚く声がもれた。

   一方、NHKの東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」の歌唱リハでは、30日の音合わせでは緊張のため吹き出してしまったが、この日は不在の歌手も数多いなかほぼ全編「ソロ」状態でミスなく歌いきった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中