都知事選、菅元首相の「一本化」発言が波紋 「当選可能な細川さん応援に集中すべきだ」にブーイング

印刷

   東京都知事選(2014年1月23日告示、2月9日投開票)は細川護熙元首相(75)が出馬の意向を固めたことで、舛添要一元厚労相(65)との一騎打ちになる公算が強まった。

   左派・右派ともに、早くもネット上で場外乱闘が始まっているが、中でも菅元首相のブログでの発言が波紋を広げている。

「菅直人は絶対にだめだッ、成るものもならなくなる」

菅直人元首相のブログにブーイングの声が出ている
菅直人元首相のブログにブーイングの声が出ている

   脱原発が持論の細川氏は週明けにも小泉純一郎首相と会談し、支援を取り付けた上で正式に出馬表明する見通しだ。両者が脱原発を旗印に街頭演説などを行えば、かなりの注目を集めることは間違いない。ただ、社民、共産が推す元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)も脱原発を掲げており、互いに票を食い合う可能性もある。

   ここで脱原発派の間で波紋を広げているのが、菅直人元首相のブログだ。14年1月9日の書き込みでは、自民党が脱原発派を支援することはあり得ないことから、

「自民党にとっては細川元総理の出馬が実現することは悪夢だろう」

と論評。その上で、脱原発派の候補を細川氏に一本化するように主張し、宇都宮氏の出馬辞退を求めた。

「宇都宮さんは良質な候補者だが、社共の支持だけでは当選は難しい。細川さんが立候補を決めれば原発ゼロを求める都民は、当選可能な細川さん応援に集中すべきだ。細川さんであれば、たとえ舛添さんが出馬しても、十分当選できる可能性があるからだ」

   一見、脱原発を主張する候補者を一本化することは合理的に見えるが、発言の主が菅氏となると、事情は違ってくるようだ。

   菅氏は13年7月の参院選で、民主党が候補者一本化のために公認を取り消し、無所属で出馬することになった大河原雅子氏を応援したが、落選している。民主党の公認候補だった鈴木寛氏も落選したことから、党内では「票を分散させて共倒れを招いた『戦犯』で万死に値する」との声も出ていた。菅氏は執行部から党員資格停止3か月の処分を受けた。

   そのため、菅氏はすっかり疫病神扱いで、今回のブログの投稿についても、脱原発を主張するネット利用者からは、

「菅直人は絶対にだめだッ、成るものもならなくなる」
「全力で阻止しなければ」

とブーイングが続出している。

数日で2000件以上書き込まれる

   保守層もネット上の騒ぎを抱えている。都議会自民党は1月9日に舛添氏を支援することを決めたが、ウェブサイトの掲示板が大荒れなのだ。書き込みは、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)の支持者によるものとみられ、その内容は

「田母神さんを推薦します」
「都知事には田母神さんを自民党の公認にしてください」

といったもの。

「自民党支持ですが、ハッキリ言って舛添では勝てません。党を蹴った人間を支持するとは、懲りていないようですね」

といった舛添氏への批判も多い。書き込みの件数はここ数日で2000件以上にのぼり、炎上状態だ。

   田母神氏は航空自衛隊トップだった08年、太平洋戦争が「侵略戦争ではない」などとする論文を発表し、政府見解と反するとして更迭された。現在は保守系政治団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の会長を務めている。田母神氏をめぐっては、石原慎太郎元都知事や「日本文化チャンネル桜」の水島聡氏などが支援を表明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中