「絶対1人で寝る」「女性と毎日一緒無理」 瀬戸内寂聴も驚く中居正広の驚くべき結婚観

印刷

   SMAPの中居正広さん(41)が作家の瀬戸内寂聴さん(91)から「結婚」に関して助言をもらう一幕が2014年1月10日放送の「中居正広のキンスマスペシャル」(TBS系)であった。

   瀬戸内さんは「奥さんはいつか自分以外の人も好きになると思って結婚しなさい」と重みのある言葉で中居さんを諭した。ところが中居さんが結婚をしていないのは、どうやら相手の女性ではなく自身のライフスタイルや結婚観に理由があるようだ。

家で1人飲みする中居に渡哲也「暗いなぁ!」

自身で「結婚には向いてない」という中居正広さん(画像はイメージ)
自身で「結婚には向いてない」という中居正広さん(画像はイメージ)

   作家として、天台宗の尼僧として、91歳となった今でも積極的に活動している瀬戸内さんは、過去には波乱万丈な恋愛人生を送ってきたことでも知られる。VTRで瀬戸内さんの半生を振り返ると、中居さんは「恋にまっすぐ生きるって難しいことですよね」と感想を口にした。すると瀬戸内さんは「本当に好きな人とずっと一生を終われるのはえらい。なかなかできないこと」と経験に裏打ちされた言葉を返し、「奥さんはいつか自分以外の人も好きになると思って結婚しなさい」と恋多き女ならではの助言を与えた。

   ありがたい恋愛説法を受け取ったが、中居さんはこれまでにも結婚について何かと消極的な発言を繰り返してきている。1月3日放送のトーク番組「中居のかけ算」(フジテレビ系)では、俳優の渡哲也さん、お笑い芸人の志村けんさんとの鼎談で自身の私生活や結婚観について語り、一人好きで潔癖な一面を垣間見せていた。

   たとえば、1週間で2升飲んでしまうほど酒好きな中居さんだが、外で飲み歩く志村さんとは対照的に、たいてい家で、それも一人で飲むという。これには渡さんも「結構暗いなぁ!」と驚いた。買い物にもしばしば出かけるというが、その際も1人だ。洋服は試着もせず、10分程度でさっと済ますという。とにかくひとりの時間が好きだそうで、こうした「おひとり様至上主義」は、いつも多くの人に囲まれている仕事からの反動といった印象さえ受ける。

瀬戸内寂聴「男好き?」と疑う

   とはいえ、結婚を意識していないわけではない。番組では「僕41になるんですけど、結婚とかって考えたほうがいいのかなぁとか」と、芸能界の先輩2人に相談を持ちかけた。渡さんは、大学時代から交際していた女性と結婚し、今でも夫婦円満に暮らしている。その経験から「縁というか出会いがないと。無理にする必要はないと思いますよ。この人とずっと一緒にいたいなと思う人に出会うようなことがあったら」とアドバイスすると、中居さんは「毎日(女性と一緒に)いるのが無理」と、結婚にとって致命的な意見を提示した。一緒にいるのがとにかく億劫で、仮に家に帰って奥さんがいたとしても、仕事の話はしない。女性が自分にしてくる話もあまり興味がないという。加えて「ちょっと潔癖なところもある」といい、イチャイチャするのが苦手で寝るときは絶対に1人がいいとも話した。

   中居さんは過去に、絶対に譲れないものとして「野球」「SMAP」「地元の友達」「女の子」「麻雀」の5つを上げている。その上で奥さんは、これらを楽しむ際にわずらわしい存在だと考えているようだ。同じく独身の志村さんは、奥さんとは近所で別居したいと話すなど全体的に同調気味だったが、渡さんは中居さんの恋愛に対する気難しさに「それこそあれですよ、変なおじさんですよ。普通のお兄ちゃんに戻ってください」と冗談交じりに言い聞かせていた。

   「中居正広のキンスマスペシャル」では、「結婚には向いてないと思う」という中居さんに対し、瀬戸内さんはよほど不思議に思ったのか「男好き?」との変化球を投げるほどだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中