「日本タイトルだけ大賞」 2013年は「妻が椎茸だったころ」

印刷

   優れたタイトルの本を表彰する「第6回日本タイトルだけ大賞」(新刊JP主催)の受賞作が2014年1月10日に発表され、中島京子さんの「妻が椎茸だったころ」が大賞に輝いた。

   2013年内に出版された書籍のタイトルのみを評価対象に、コピーとして優れたもの、日本語として美しいもの、面白さが際立つものが300作品以上ノミネートされ、10日放送のニコニコ生放送内で発表された。大賞のほかには、「できる男はウンコがデカい」(藤田紘一郎さん)、「ブスだけどマカロン作るよ」(カレー沢薫さん)などが審査員個人賞を受賞したほか、「幸福の科学」大川隆法総裁による「海江田万里・後悔は海よりも深く」が残念賞に選ばれた。受賞作一覧は公式ホームページにも掲載されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中