野島伸司監修ドラマ「明日、ママがいない」に大反響 「児童養護施設はこんな所じゃない!」怒りの声も

印刷

   「家なき子」企画・原案、「高校教師」「聖者の行進」脚本など、数々の話題作に携わってきた野島伸司さん脚本監修の日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」が2014年1月15日にスタートした。初回の平均視聴率は14.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)とまずまずの数字だった。

   多くの人に見られたドラマだが、内容を支持する人ばかりではなかったようだ。主演の芦田愛菜さん(9)らが生活する児童養護施設の描かれ方がかなりセンセーショナルで、怒りの声も上がっている。

「お前たちはペットショップの犬と同じ」施設長が言い放つ

「明日、ママがいない」公式サイト
「明日、ママがいない」公式サイト

   交際相手を灰皿で殴って母親が逮捕された少女・真希(鈴木梨央さん)が、児童養護施設「コガモの家」に預けられるところから物語は始まる。

   不穏な空気で薄暗い施設の中では、子供達はあだ名で呼び合っている。芦田さん演じる施設の代表格の少女「ポスト」は、赤ちゃんポストに預けられていたことからそう名乗るようになった。

   ポストら施設で暮らす少女たちは、真希に対し「ママが彼氏鈍器で殴ったんでしょ?あだ名ドンキでいいよ」など無神経と思える言葉をぶつける。

   「魔王」と呼ばれる施設長の佐々木(三上博史さん)は、杖で床をドンドンと叩き威圧する、言うことを聞かない子供は怒鳴りつけ殴る、バケツを持って立たせるなど、恐怖の存在だ。食事前には「泣け。お前たちはペットショップの犬と同じだ。飼い主の庇護欲をそそるように泣け。泣いた奴から食っていい」と言い放つシーンもあった。

   真希は母親と一緒に帰宅することを心待ちにしていたが、釈放された母親は殴った交際相手と結婚すると言って、真希を施設から連れて帰らないと決めた。ポストは真希に「今日、あんたが親を捨てた日にするんだ」という言葉をかけ、真希は施設で「ドンキ」として暮らすことを決意する――というストーリーだった。

慈恵病院が放送中止求める意向明かす

   衝撃作だけあって、インターネット上では視聴者から様々な意見が書き込まれている。

   特に児童養護施設の関係者という人々からは、

「こんなのあり得ません。もっと子供たちは純粋だし、職員は親元にいつか返すために本当に頑張ってるし!」
「施設では体罰は虐待として通告義務があり、あのような光景は見られません。怒鳴っただけで通告されます」
「いくらドラマだからってもう少し内実を知って、脚本書いてほしい」
「今後施設児童が『親がいない、離れて暮らしている』ってだけで、学校で虐めやペット扱いされたり、同情されたりしたら許せない」

など、怒りの声が相次いでいる。

   児童養護施設から社会に巣立つ子供達の支援をしている、NPO法人「ブリッジフォースマイル」代表の林恵子さんも、Facebookで

「一番残念なのは、施設ってこんなところ、職員ってこんな人たちって、思われる所。児童養護施設で、日々子ども達のために尽力している職員のみなさん、児童相談所のみなさんは、どんな思いでいるのでしょうか。里親さんも、怒っているんじゃないかな。子どもの人権侵害で訴えられてもおかしくない」

と苦言を呈した。

   赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を設置する慈恵病院(熊本市)や全国児童養護施設協議会は、「子供の人権侵害になる」などとして放送中止の要請も含めて日本テレビに意見する方針を明かした。

   一方、「あの施設は何かワケアリで普通の児童養護施設じゃないっていうのは職員じゃなくてもわかるわ。フィクションドラマをマジに捉えるほうが馬鹿馬鹿しいしそんなこと言い出したらきりがない」「これから子ども達がどう立ち上がるか、職員はどう考えてあんな立ち回りをしてるのか、ホントは施設の子どもも職員に見せてない顔があるかも、注目するのはそこでしょ」など、ドラマを支持する声も上がっている。

   施設で育ったという人の「いいドラマだ!絶対幸せになってやる!」「『施設の実情はうんたら~』とか『施設というものが誤解される』とか言ってる大人ども!施設育ちのわたしからしたら、そんな事どうだっていいんだよ!」といった書き込みもある。

   日本テレビはこうした反響を受けて、「ドラマは子どもたちの心根の純粋さや強さ、たくましさを全面に表し、子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描くという趣旨のもと、子どもたちを愛する方々の思いも真摯に描いていきたい」とコメントした。今後も予定通り放送するとのことで、演出やストーリーはどうなっていくのか、注目が集まる。

   なお、ドラマ公式サイトでは放送終了後7日間、全編の動画を無料で配信している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中