片山さつきと舛添の微妙な立ち位置 都知事選、元夫婦の再タッグは実現するのか

印刷

   東京都知事選の告示が2014年1月23日に迫る中、安倍晋三首相が19日の党大会会場で、自民党都連が推薦する舛添要一元厚労相の支援を同氏の元妻である片山さつき環境部会長に直接求めたことが分かった。

   これに対し、片山氏は舛添氏の抱える「もろもろの問題」に言及し、それらの解決が支援の条件だとして慎重な姿勢を示した。元夫婦の再タッグは実現するのだろうか。

問題解決されれば「きちんと街頭応援に立てる」

元夫に「問題の解決」求める片山さつきさん(2012年7月撮影)
元夫に「問題の解決」求める片山さつきさん(2012年7月撮影)

   首相からの要請は片山氏自身が党大会後に記者団に明かしたもので、近くに座っていた際に「ぜひ片山さんに応援してほしい、すごい話題になる」などと声をかけられたそうだ。だが、片山氏は政治姿勢や主張の一致に加え、舛添氏の「もろもろの問題」の解決が必要だとの認識を示したという。さらに19日夜にはブログを更新し、記者団に話したことを振り返りながら舛添氏支援にあたっては「2つの問題がある」と訴えた。

   舛添氏は過去に片山氏を含めて2度離婚していて、96年に現在の妻と結婚しているが、ブログでは舛添氏が結婚していない女性との間に授かったという障害のある子供について言及し、

「今回の五輪は、オリンピックだけでなく、パラリンピックがあり障害者の問題が非常に重要ななかで、現時点では舛添氏は、障害をお持ちのご自身の婚外子の扶養について係争になっている」

と問題視した。

   そして2つ目には、昨年に片山氏がツイッターで批判を展開していた家族の生活保護にまつわる扶養問題を取り上げ、

「自民党として、提言し、法改正につなげた生活保護問題で、家族の絆と自助・共助・公助を基本とする保守政党の自民党の理念に照らせば実姉への扶養義務の問題も過去にさかのぼってある」

と追及する。

   その上で、片山氏はこれらが解決されれば「政調副会長として、きちんと街頭応援に立てると考えています」との見解を示した。

「気持ちよく応援したい」とも

   片山氏は現時点で応援が難しいということを訴えたいのではなく、あくまで「こういう問題をきちんと解決していただいて、気持ちよく応援したい、ということ」だとして、一部報道にあった「舛添氏支援を却下」といった見出しには誤解があると釈明した。肝心の実現可能性については舛添氏のみ知るところだが、片山氏の掲げる「条件」のハードルは決して低くはなく、元夫婦の再タッグは簡単なものではなさそうだ。それでも片山氏は「自民党の応援を得るというのだから、当然クリアする方向でしょう」と書き、舛添氏にクギを刺している。

   冷や水を浴びせた元妻の一連の言動は、インターネット上でも話題を呼んでいる。「これは片山さつきさんを全面的に支持」「男性票はともかくとして、女性票が集まるわけがない」などと共感を示す声がある一方、「過去のこと取り上げて、いじわる女の気の強さ、すなおに応援してあげれば」「こういうのはさぁ、都知事選ではなくて家庭裁判所でやって欲しい」と片山さんの問題提起に疑問をつける声もある。また、支援を依頼した安倍首相に対しての意見も少なくなく、「むちゃくちゃ言うな」「女問題を打開するためにわざわざやらせてるのかもしれないけどさ……片山さつき議員が可哀想だよ……」といった意見も見られた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中