「明日ママ」スポンサー3社CM見送り 終了時の社名紹介も無し

印刷

   児童養護施設を舞台にした日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」のスポンサー企業3社が2014年1月22日放送の第2話でCM放送を見合わせた。

   ドラマをめぐっては、「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置している熊本県の慈恵病院や全国児童養護施設協会などが内容に人権侵害があるとして抗議し、放送中止や内容の改善を求めている。

   第2話ではJX日鉱日石エネルギー、キユーピー、エバラ食品工業のCMが放送されず、空き枠を埋める際などに使われるACジャパンのCMが3回流れた。花王や三菱地所など5社のCMは流れたが、1話放送時にはあった番組終了時の提供スポンサーの社名紹介が今回は1社も表示されなかった。

   なお、2話目の視聴率は13.5%で初回より0.5ポイント下がった(ビデオリサーチ調べ)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中